Sansui AU-α607

Date

Author

Tik

Comment

0

Category

Tag

はじめに

かなり前に入手して、半年くらい前まで使っていたアンプです。
ジャンク入手ですが状態が良く、そのまま使っていました。

入手時からトーンスイッチとメインボリュームに僅かにガリがあり、また最近DCが漏れているようでしたので調整することに。

修理

開けたところ。
ホコリの堆積なども少なく、状態も良さそうな感じです。

とりあえず、ボリュームから。-∞位置にごく僅かにある、と軽度でしたし、今後常用はしないので超適当に対処します。
思い切りオープンですので、接点復活王を一吹きしました。

○| ̄|_

トーンスイッチ自体の写真は取り忘れたのですが、こういうスイッチです。ちなみにこのスイッチ、既に供給終了のようです。
残念ながら隙間がないのと、分解できるかわからない(というかそこまで見てない(汗)ので、仕方なくこちらは放置しました(汗
軸部分の隙間からやろうかとも思いましたが・・・

次はDC漏れの調節ですが、このアンプの場合、

COLD-HOT
HOT-GND
COLD-GND

の3カ所チェックしつつ調整が必要です。
調整箇所はここ。基盤に印刷されています。(これはL側)

半固定抵抗が接触不良ではシャレにならないので、交換しようかと思いましたが、お金がないのでこちらも微量に接点復活王を
○| ̄|_

調整前はこんな感じ。0.4Vも漏れてます。
デジタルテスタが定位置になく、聞いたら親が捨てた?ぽいので、急遽新しく購入したものです(汗

前のもカードサイズでゴミに紛れやすかったですからね・・・激しく安物でスマソ

追い込んだ結果、最終的にこんな感じになりました。
思いの外安定しているようでした。疲れた・・・○| ̄|_

まとめ

しばらくの間常用していましたが、馬力がなくて・・・○| ̄|_

知人にオンキヨーのA-810を頂いて以降、殆ど使っていませんでした。
A-810の方が荒いですが、馬力あるしこちらの方が良い感じなので、今はA-810を仮で使っています。
仮というのは・・・内緒です(w

(初出:2004/11/17)

コメント(0件)

コメントは無効です

トラックバック(0件)

トラックバックURL