【悲報】田植機、止まる

Date

Author

Tik

Comment

0

Category

日記

本文

今年は田植えが遅くなってしまいました。
6月二周目なんてのは記憶にないような気がします。
近所ではまだ植えていないところも辛うじてありますが・・・

雨天でも決行予定でしたが、奇跡的に晴れたので植えることに。
ところが・・・

植えはじめて2時間ほど、残り数条のところでバックしていたところエンジンが止まりました。
そんな負荷かかってないのにエンスト?と始動を試みますが、全くかかる気配がありません。
落ちる前は不調は感じさせませんでしたが・・・

田植え後、整備してガソリン抜いて保管していますが、
田植え前にも再整備して満タンにしてから植えるので、ガス欠は考えにくいところです。
が、燃料計は存在しないので確認するには入れるしかありません。
その時は、

「危なかった・・・こいつはガソリンだからいいけど、
 トラクターだったらディーゼルだからガス欠やったら面倒くさいところだった」

とか考えていました。
結構吹かしてたから燃費悪化したかな、と給油してみるものの、
2リットルも入らないくらいでした。

負荷かけて変な感じがするとか、カブる感じもなくエンジン音快調だったし、
かかりそうでかからないとかじゃなく、そもそも掛かる気配がないのが嫌な感じです。
耕うん機で何度かあった、チョークのワイヤーがボロボロになって、
チョーク引きっぱなし状態になってるとかそういう簡単なのじゃなさそうな気がします。

プラグは10年ほど変えてないですが、ガソリンエンジンだしそう減らない気がする。
ガソリンに水も考えにくいし、給油口にフィルタあるから何か詰まるのも考えにくい気がする。
水は被っていませんが、発電機とかだと手に負えません。

田んぼの上なので、バラしたり油抜くとかするのは困難だし、そもそも私はエンジンに明るくありません。
時間がないので付き合いのある農機具屋(買った所)を呼ぶことにしました。

11:30頃、
「植えてる途中、バックしていたら田植え機のエンジンが止まって始動できなくなった。」
と電話して昼食を摂りに戻り、買っておいた牛丼を食べ終え一息。
ふと田んぼを見たら田植機の位置が反対側に移動していることに気づきました。
修理しやすいように家族の誰か移動したのか?と思ったら、農機具屋のおっさんが
「修理終わりましたー」
とか挨拶に来ました。

私はショックを受けました。
それどころか、
「のこり数条だったんで、試運転ついでに植えときました。それじゃまたよろしくお願いします。」
とか、カルチャーショックどころではない。
いろいろ信じられない気分です。
サービスもさることながら、電話してからここまで25分しか経ってないのにw

洗濯機を修理依頼して一週間以上先の平日10時~17時までしか対応できず、
挙句の果てに手ぶらで来て中見て「壊れてますので修理します。一週間くらいで部品来たらまた来ます。」
とかやってくれる某社のサービスとか、HDD交換でも同じようなことをするRDのサービスマンとか、
来ても開けるだけで診断もなく、工場返送してまた来ますとか言ってくれる某社サービス。
調子が悪いサーバでも診断なしで電源とマザボ交換して、様子見てダメなら連絡ください。
とかに慣れていた私は、強いショックwp受けました。
いつも呼ぶのは祖父か祖母ですが、いつもこんな感じらしい・・・

キャブバラして掃除して、点火周りの調整だけだったそうですが、スピードとサービスが凄すぎ。
田植え終わったら一度出したほうが良いか聞いたら、特に大丈夫とのこと。

コンバイン(稲刈り機)のキャタピラが外れたとか、泥にハマって動けなくなるのは良くある話です。
農協は、レッカーでも呼ばないと無理ですよ、と帰っていったとか、
7~8人がかりでだめで、近所の人捕まえて押して貰ってダメだったとか結構聞きます。
対して、その農機具屋は一人で来てすぐ嵌めこんでくれるし、
泥にハマっても板噛ませて軽トラで引っ張って出してくれた記憶があります。

20年くらい前、農協がこの手の農機具を扱いだしてからお得意さんが減ってるらしいですが、
うちは耕うん機、トラクター、コンバインの大物から草刈機とかチェーンソーまで全部そこです。
農協より高くても個人商店が続いてるのは理由があるんですね。

ちなみに、金とらないで帰ったので驚いたのですが、これは後から請求書が来るらしい。
部品変えてない時はだいたい出張料4000円で終わるそうですが、いろいろ信じられない気分です。

コメント(0件)

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック(0件)

トラックバックURL