いつの間にかさくらのレンタルサーバがスペックアップしていた

Date

Author

Tik

Comment

0

Category

日記

本文

140318_01 ここのところ、うちのサイトが重いです。先日の一件から遅いような・・・
開き始めると速いんだけど、一度レスポンスが返ってくるのが遅い?

ただ、余計なプラグインは削ぎ落として、
アップロード、ダウンロードとかのファイル単位だとむしろ以前と比べ物にならないほど速くなってる印象があります。
中でいろいろいじってる限りだと快適になったのですが・・・

いろいろと調査したところ、どうもdbサーバが遅いような感じです。
実は、先日の一件を堺にdbサーバが100番代から300番代に変わっているのですが、たまたま遅いのに当たったのかもしれません。
元の環境に戻せるように元々のdbを温存したまま新しい環境を作っただけなので、
元々のdbサーバの方にコピーして切り替えれば元の鞘に収まりますが。

で、色々見ていたら、なんかサーバが恐ろしくスペックアップしてることに気づきました。

140318_02 ここは1000番代後半のサーバですが、CPUがIntel Xeon E312xx (Sandy Bridge)、メモリ18GB?
確かCore2DuoだかQuadの2とか4GBで、意外に低スペックなんだなーとか思った記憶がありますが・・・
メンテナンスで一時サーバ落ちます告知は見たような記憶があるくらいであまり気にしてなかったのですが、

以下のようにディスク容量を増量します。
http://www.sakura.ad.jp/news/sakurainfo/newsentry.php?id=769

==================================================================
サービスプラン名         増量前  増量後
——————————————————————
・さくらのレンタルサーバ
 ライト             5GB ⇒  10GB
 スタンダード          30GB ⇒ 100GB
 プレミアム           60GB ⇒ 200GB
   ビジネス           100GB ⇒ 300GB
   ビジネスプロ         200GB ⇒ 500GB

・さくらのメールボックス     5GB ⇒  10GB
==================================================================

OS : FreeBSD 7.1 32bit → FreeBSD 9.1 64bit (※1)

Webサーバ: Apache 1.3 → Apache 2.2(※2)
http://httpd.apache.org/docs/2.2/ja/

Perl Perl 5.8.9 (※3)

Python Python 2.7.3 → Python 2.7.5
http://www.python.org/download/releases/


と、去年くらいの容量増と一緒にサーバ更新、OSの64bit化とか大掛かりに更新されていたようです。

140318_03 順次更新しているようだったので、まさかと別に契約している200番代のサーバを見てみると・・・同じ!
以前と比べて格段どころかアグ●ン超進化しとるじゃないですか!
確かPentium M とか非常にショボかった記憶があります。

さくらたん(*´Д`)ハァハァ

コメント(0件)

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック(0件)

トラックバックURL