XGWorks 4 がWindows 7(x64)で動いた!

Date

Author

Tik

Comment

42

Category

日記

本文

結論から言うと、Windows 7 x64 で XGWorks 4 は動きました!
もうユーザーはごく一部だと思いますが、悩んでいる方は参考程度にどうぞ!

さて、Windows 7 に移っても良いよういろいろ検討していました。
普通のソフトなんかは大体対応しているし、最悪代わりもあります。
ドライバ対応が打ち切り、ハードが対応外ならば物によっては買い換えれば良い。

そんな中、私にとって一番の懸念は XGWorks。
以前もちょっと書きましたが、これだけは手放せない代わりがないもの。
MIDI打ってる人はレコンポーザを手放せないとか、○○がいい、などお気に入りがあると思います。
私も最初は古いPCをわざわざ残してでもそのソフト一本にしがみ付くのか・・・と思っていましたが、
いざ自分がそういう目になったら良くわかりました。

これとSOL2を使っていますが、SOL2はオーディオ用途だけなので最悪Cubaseに移ってもOK。
でも、打ち込みだけはこれがいい。
まともなモノを打つわけでもないのですが、スコア打ちでPCのキーボードでワープロのように打てるのは凄く限られます。
SSWでも打てますが、昔ちょっとだけ使って合わなかったのと機能が多くて重い。
先日奇跡のメジャーバージョンアップがありましたが、DAWがくっついて来て不安定みたい。

私としてはすらすら打てるだけでいいのですが。
基本スコア打ちで、たまにピアノロールなりノート/イベントリストを見れて、
どこからでもノート長さ、ベロシティ等が操作できて、というだけなんですが、これがない。
使い慣れた相棒というか右手というか、思いついたときにすぐ入力修正できるこれが手放せません。
ないっていうのは、今後ずっと左足で携帯、ノートを書いてください、というようなもの。

Windows 7 x64でメモリが広大に使えたり、多くのメリットを前にしても、これだけが足かせでした。
新しいノートでわざわざ実験環境を作ったにもかかわらず、全くテストしていなかったのでやってみることに。


とりあえずCDの自動実行の方は使わず、直接 XGWorks のセットアップディレクトリに行き setup.exe のプロパティから互換性の設定をします。

いろいろ試した結果、互換モードを 「Windows XP Service Pack 2」 にした状態でも大丈夫そうでしたが、
転ばぬ先の杖ということで管理者で実行もチェックします。

手動ではなく互換性のトラブルシューティングを使う場合でも推奨設定で大丈夫そうです。
MU500/1000/2000を使う場合、ヤマハのHPに USB-MIDIドライバのWindows 7用が用意されているのでそれをすれば良いです。
CBXドライバはキャンセルし、インストール後指示通り再起動します。

インストール完了です。日付を見るともう10年かとしみじみ。
そういえば、Windows 98 からの付き合いですねこいつは・・・。
私の持っているCD、Hello!Music に同封されていたバージョンだと 4.02 ですが、その後アップデータが出ていますので上記と同じように互換設定ののち適用します。

アップデータ適用後、XGworks.exe のプロパティを開き、インストール時と同様に互換設定を行います。

起動・・・

再生や入力等やってみましたが、無事動きました!
特に動作に問題はなさそうです、よかった!!!
これで心おきなく移行できます。

唯一おかしな所といえば、保存しますか?のダイアログが英語になってることくらいでしょうか。
別にそんなのは困らないので動けば何でもいいです。

よかった。

コメント(41件)

dobuusagi さん

2010年9月15日 03:20

XGworks4はもはや過去の物かと絶望に暮れていたところ、この記事を見つけて胸が熱くなりました。
ありがとうございます!

Tik さん

2010年9月15日 16:45

dobuusagi さん、コメントありがとうございます。
ダメならXPをずっと残す覚悟でしたが、無事動いてホッとしました。
実使用してますが、全く問題なさそうです。

Mersender9 さん

2010年9月21日 00:15

Thanxxxx! Good post!

バージョン3 さん

2010年10月11日 15:05

XGworks Ver3でも稼動しますたYO

バージョン3 さん

2010年10月11日 15:47

今さっき、列車の日記?も、読みました。
面白かったです。(^ω^)

Tik さん

2010年10月13日 00:02

どうも、コメントありがとうございます。Ver.3 も動きましたか!
私は4からなのでそれ以前はわかりませんが、まだまだ使えそうですね。

我里S さん

2011年2月4日 19:34

こんばんは、私はシロウト作曲家?の我里Sと申します。

このサイトを今日初めて見て驚愕しております。

と、言うのも私はXGWorksSTを使用しておりましたが、暮に買った64bitPCにインストール
した所、まともに動かず切ってしまい、旧PCと併用せざるを得なくなっていたのです。

STでも動くでしょうか?ちょっとやってみたいと思います。

Tik さん

2011年2月5日 21:08

我里Sさん、こんにちは。
私はXGWorks4からそのままSOLに行ったので、STは触ったことがないのですが、
確かSOLからオーディオ機能と落としたようなソフトでしたよね。
SOL2であればこちらの手順で動くようになりましたので、やってみたら動くかもしれません。

我里S さん

2011年2月6日 16:57

我里Sです。
XGWorks-STをインストールしようと、このページとSOL2のページ
のやり方を試してみたのですが・・

「インストールサポートファイル・・をインストールできませんでした。」

というエラーメッセージが出て、インストールウイザードが止まって
しまいます。

Tik さん

2011年2月9日 19:34

うーん、ダメでしたか・・・
ネットで探すとVista で動いてる人いるようなので、結構期待していたのですが・・・
期待させたようで申し訳ないです。
しかし、SOL2がOKでXGWorks STがダメっていうのも残念です。

我里S さん

2011年2月12日 10:00

我里Sです。
あれからSOL2のページの下の方に書いてある「Microsoft の互換性
のサポートページ」の手順で進んでいったところSTも動きました、そこで、
調子に乗ってレコンポーザーもやってみたところこれも動きました。
このサイトを見なかったら、新旧PC2台併用で創作をしていたでしょう。
感謝感激!ありがとうございました。

Tik さん

2011年2月12日 19:47

おお、動きましたか!おめでとうございます
私としてはレコンポーザが動いた方がびっくりなのですがw
ほぼMIDIだけなのでSOLよりもハードルは低そうですが、こっちも息が長いですね

やっぱり、このへんの入力に慣れていると他に移りにくいですよね
愛着だけでなく慣れてたほうが早くて思い通り打てるし、
移行に手間取るくらいならその分何か作ったほうが良いですし
無事動いて何よりです

我里S さん

2011年2月14日 20:36

この度は大変お世話になりました。
レコンポーザーは、OSではなくてハードとの相性かもしれませんが、XP(旧PC)の場合
、他のアプリを立てる時などに最小化してメニューバーに入れててしまうとなかなか戻ら
ないのです(最大化しない)、その点Win7だとキチンと元にもどります、使い勝手は以
前より良くなった感じさえします。
実はWin7機購入で64bitにふさわしいwav.系の作曲ソフトを導入したのですが、何か
難しくて・・・せっかくのi3が宝の持ち腐れになるかもしれませんが、またレコンポーザー
とXGworksとのピンポンで創作をやっていくのかなーと考えています。

BAMIKO さん

2011年3月28日 13:07

初めまして。。。
10年程打ち込みやっていまして、普段はSSWメインで打ち込みしていますが、
やっぱりXGのパラメータの挿入や細かいエフェクトの調整は
XGWのXGエディタでないとできなくて、Windows7にする事をためらっていました。
わざわざVistaをXPのダウングレードされたPCを買ったりして。。。
無償でWindows7にアップグレードできますので(XPモードが使えるバージョンみたいです)、やってみようと思います。
ありがとうございました。

IRUKA-U さん

2011年4月8日 11:32

おじゃまします。
私は個人で音楽制作をしており、録音にはSONARを使っていますが…
MIDIの打ち込みだけはXG Works STでないとできません!
マシンの買い替え時が迫り情報を集めていましたが、こちらで今後もSTが使える事を確信できました。
「XG Worksシリーズは使えないの?」と心配していた人はやっぱりいるんですね。
情報の公開に感謝します。

Tik さん

2011年4月23日 21:49

返信が滞ってしまってアレですが、皆さん無事動いてるようで何よりです。
スケッチとかに楽ですし、慣れちゃったものは手放せないですよね。

としたん さん

2011年5月1日 22:27

はじめまして。
上記のBAMIKOさんの情報から訪ねました。
僕もXGWorks4.0を使ってますが、Win7への移行を想定して
Singer Song Writer Lite7を今は使ってます。
ブログ拝見しましたが、Win7のHome premiumの64bitで
XGW4.0がインストールできて稼動したのですか?
professionalのXPモードではなくてHome premiumのままで??
それが可能なら素晴らしい情報です!次のPCを買う選択肢が
一挙に広がります。たいへん申し訳ありませんが確認したく
今一度OS環境をご説明してもらえますか?

Tik さん

2011年5月2日 02:08

としたんさん、こんばんは。
XGWorks4.0 ですが、Windows 7 Home premium 64bit版で問題なく動きました。

1. CDからインストール時、Setup.exe のプロパティから上記のように互換設定する
2. 本体インストール中のドライバセットアップだけはキャンセル
3. 必要に応じてヤマハのHPにあるアップデータを、手順1と同じようにSetup.exeに互換設定をして適用
4. MU2000などを使用する場合は、ヤマハHPのWindows 7 64bit 対応のCBXドライバをインストール
5. XGWorksインストール先のXGWorks.exe のプロパティから、同様に互換設定する

で、普通に動きます。
現在は捨て環境のノートは削除して、メインのWindows 7 Ultimate 64bit版上で使っています。
インストールは全く同じ手順で、Professional/Ultimate のXPモード上は使用していませんので、
XPモードがないエディションでも問題ないように思います。

起動までの確認でなく、3~4日空けることがないほど実際に使っていますが、
XGエディタやミキサでのパラメータ操作、カット&トライでの入力、終わった後でMU500→XGエディタへのバンク読み出し、逆の転送、
スタッフでの入力、ピアノロール、ピッチベンドウィンドウかグラフへの直接記入、調整、
マスタートラック、リスト表示での確認や入力修正など、何の問題もなく正常に動いています。
唯一変わってるのは、保存しますか?のダイアログがなぜか英語になってるくらいで、あとはWindows 2000/XP の時と何ら変わってないと思います。
もたつきとかタイミング狂い、CPU食いまくるとか妙な重さも感じませんし、落ちることもなく相変わらず安定しています。

別の日記で取り上げたSOL2は描画がおかしかったり苦労しましたが、XGWorks4 は拍子抜けするくらい普通に動きました。
音だとドライバとかASIOとか、OSのやや深いところに対応してるのはさすがに危なそうですが、
Vistaだか7でWindows版レコポ動いてる人もいるようですし、深いところに噛んでないようなシンプルなソフトならわりと動くような気もします。
TMIDI Player とかも使ってますが動いてます。

昔SSWも手を出したことがありましたが、どうもこっちの方が体に合ってるようで手放せずにいます。
ということで、ありがたいことにうちの環境では特に問題なさそうです。

としたん さん

2011年5月2日 11:18

Tikさん、ご丁寧にありがとうございました。
MU2000も使ってます。最初はWin95でしたのでXP用のドライバをDLしたり
EX拡張したりもしました。ソフト・ハード共にWin7のHome premiumで
問題なく稼動するということを教えていただいて、とても感謝しております。
vista非対応が7で使えるってのも不思議な話ですが、7は評判悪かったvistaを
XP寄りに戻したとも聞きますし、結果オーライですね。
XGWのオートアレンジやスコアアーティキュレーションはSSWより優れて
います。ハンマリングやチョーキングをスコアに書いていく感覚でピッチ
ベンドできる機能はギター入力の強い味方でした。

もっこリー さん

2011年12月1日 21:43

その通りやってみましたが元のXGworks 4.0
がインストール出来ません!
手順をもう少し詳しく教えていただけないでしょうか ?
お願いいたします。

うわらば さん

2011年12月18日 12:47

グーグルから検索して来ました。
私も未だにXGworksV4.0とSOL2から離れられなくてXPを使い続けてるんですが、
最新環境でも使えることが判って安心しました。
モジュールもMU2000なんでXGエディターが使えない他のシーケンサーじゃダメなんですよね・・・。

Tik さん

2011年12月24日 23:18

もっりリーさん:
Setup.exeと、XGWorks.exeのプロパティから互換設定すれば動きます。
MU500/1000/2000のドライバは公式で対応されていますので、
CDのものはインストールせず、ヤマハのHPから入手してください。

うわらばさん:
全く同じパターンですね、慣れてしまうと手放せないです。
Windows 7でもまだまだ使用できます。

私はMU500なので、PLG使えて本体でいじれるMU2000が羨ましいです。
あとエフェクトがちょっと違いましたね。まぁ音色自体は同じですが。
XGエディタはCubase 5だったかそのへんは後付けで対応してましたが、現行の6だとないですね。
ヤマハが単体で出してくれれば一番手っ取り早いんですが。

クー助 さん

2012年1月21日 17:33

はじめまして、お邪魔させていただきます。私、実はインターネット上に投稿するのは初めてで、この様な書き込み方でよいのか心配しながら入力しております。  私もWindows 7 Home premium 64bit版でXGworks 4.0を使いたいのですがインストールできません。みなさんが動作させたという手順通り(互換の設定、管理者での実行)やってみたですがインストールできません。誰かさん、なにかヒントでもあれば教えてください。

seika さん

2012年1月23日 19:48

パソコンを購入する際、XGのことが気になっていたところ、お店の方が調べてくださり、こちらのサイトが表示されました。私もMIDIの打ち込みがこれが最高に好きなんです。なのでインストールできると知って、現在のパソコンWindows 7(x64)を即購入しました!!!ありがとうございました!!!

6さん さん

2012年1月24日 18:44

XGworks.4をMU500で動かし続けて10年たつ者です。
私もこのソフトでこの音源でなければ、どうしても快適にDTMを楽しめないので
延々がんばってまいりました。

さて、この度PCを買い替え、Windows7、64ビットのPCになりましたが、
XGWがインストールできずに困っておりました。

ネット検索してこちらのサイトにたどり着き、動くのかー!と感動したのですが・・・

Setup.exe のプロパティにて画面写真のように互換設定をしたにもかかわらず、
下記の文章が出てきてインストールウィザード自体がまず走りません。

このファイルのバージョンは、現在実行中のWindwsのバージョンとは互換性がありません。コンピューターのシステム情報を確認して、x86(32ビット)またはx64

(64ビット)のどちらのバージョンのプログラムが必要であるかを確認してからソフトウェアの発行者に問い合わせて下さい。

うんともすんとも言わず、
まったく先に進めずに愕然としておりますorz

DTMやっていながらPCにはそう詳しくないので
とても恥ずかしい限りなのですが、
私めの手順に何か足りない部分があれば情報を頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

RURI++ さん

2012年4月21日 17:20

皆様、有益な情報のご提供、ありがとうございます(^o^)
Win7 しかも X64 なので、はなから諦めていましたが、使えると知って大喜びです。
GWの連休中に試行してみますね。

KASIORI さん

2012年4月30日 06:54

クー助さん、6さん

XGWorksV3ですが、私も同じ現象でインストールできませんでした。
ですが、XPのVM上でインストールし、XGWorksのインストール先(YAMAHAフォルダと思います)を
64ビット版Windows 7環境にコピーしてXGWorks.exeを上記設定にしたら無事動作しました。
(ほんとによかったです・・・)
CubaseのXGEditorはV6には対応しないみたいですし、
まだまだXGEditorは私にとっては現役ですね。
ちなみに上でも出ましたが、レコンポーザR3は特になんの設定もせずにインストールでき、
動作もしています。

ほんとか? さん

2012年10月3日 12:11

この記事どおりに設定しても、インストールできなくて悩んでいるwindows7 64bitsユーザは多いです。
(インストーラが動かない)
「動く場合もある」ととらえてください。ご注意を!

Tik さん

2012年10月6日 18:27

残念ながら、だめだった報告も頂いていますが原因不明です。
インストーラが動かないのが不可解ですが・・・

kojima さん

2013年1月8日 00:37

Win8 で試しましたが・・・ダメでした
何とかしたい・・・

Gregorio さん

2013年5月3日 18:39

私もXG Works4.0(ただしタイムスタンプが1997年)とWindows7x64ですが互換性チェックで引っかかってインストールできないでいました。
KASIORIさんのコメントを見て「もしや?」と思い、古いXPマシンのYAMAHAフォルダとXGWORKSのフォント2種をUSBメモリにコピーして、Windows7のマシンにYAMAHAフォルダをコピーし、フォントを右クリックからインストール、XGWORKS.exeをご紹介の通り互換性設定したら、無事動きました。
インストールのSETUP.EXEに互換性チェックの問題がありますが、XGWORKS.exe自体は互換性チェックをすり抜けて動くようです。

Tik さん

2013年5月14日 04:50

動かない、動くの切り分けが謎だったのですが、タイムスタンプが違うんですか?
私の使用しているのは、Hello Music 500だったかな?MU500+XGWorks4の組み合わせのセットにバンドルされていたものです。

ひょっとして単品販売されていたものと違うか、複数のバージョンが混じっているんでしょうか?

nanashi さん

2013年7月29日 16:12

Gregorioさんも書かれていますが、XPのProglam FilesにあるYAMAHAフォルダをUSBにコピーしてWindows8(64bit)のProglam FilesにコピーしたらXGWorks4.0ばっちり動きました。インストーラーは動きませんでしたが、試す価値はありますね。

個人的にはSurfaceRTに搭載されているWindows RTで動くかどうかが気になるところですね…8で動くならば、それを基としたRTで動いてくれるとSurface買おうかなーと思うのですが笑

Tik さん

2013年7月29日 20:19

情報ありがとうございます。
まさかファイルコピーそのままでいけるとは灯台下暗しですねw
正直試してすらいませんでした。

SurfaceRTは知ってはいたものの、あまり興味がなかったので、発売開始したことすら知りませんでした・・・すいません。

2014年1月9日 21:33

XGworks4.0ですが、Win7(64bit)では、全く問題なく、順調に動いています。
MU500も現役です。

これをVistaで動かす手順とかありますか?
まだ試していませんが、ダメなような記事がありましたので。
わかれば教えてください。

あいしー さん

2014年1月17日 12:56

「スコア打ちでPCのキーボードでワープロのように打てる」
私も同じ理由で重宝していました。

久しぶりに使ってみようと動作させている人がいるかぐぐってみたところここに行き着いたのですが、どうやらXGWorks4.0はインストーラーに複数のバージョンが有るようで、私が所持しているMU1000に付属していたものでは同じ設定でもインストール出来ませんでした。

発売時期を考えると、
・1999年に発売されたHello Music、MU1000、MU2000、MU100Bsに付属のXGWorks4.0はインストール出来ないバージョン。

・2000年以降に発売されたHelloMusic、MU500、に付属のXG Works4.0はインストールできるバージョン。

なのではないかと思われます。
パッケージ版は不明ですが、混在しているのかもしれないですね。

環境としてはやはり残しておきたい環境なので、インストールできるXGWorks4.0が同梱されたMU500のHello MusicかSOL2の中古を探したいと思います。

ちなみにSurfaceRTはWindows8ですが、ARMベースの全く別のOSです。
基本的にアプリケーションははじめからインストールされているものか、ストアからインストールできるもの以外使用することができません。
SurfaceProであれば通常のWindows8なので問題ないのではないかと思います。

Tik さん

2014年1月17日 23:13

マッシーさん:
7で動くならVistaも行けるような気がします。
申し訳ないのですが、うちはVistaの環境がないので試せません。

Tik さん

2014年1月17日 23:21

あいしーさん:
私もあの打ち方から離れられなくて今に至ります。

これまで多くの方から頂いた書き込みから、どうもXGWorks4のCDに複数のバージョンがあるかもしれません。

私は上記のようにHello!MusicのMU500版にバンドルされていた、白封筒に入っていて後ろにシリアルがあったものです。
ただ、アップデータが適用できればバージョンが同じになるはずなので、無理矢理入れるか古い環境から持ってくれば動くようです。

ueken さん

2014年10月26日 17:55

Vistaで使用していましたが、YamahaファイルをUsbメモリーにコピーして、Win8.1のProgram(x86)にそのYamahaファイルをコピーする。Xgworksファイルのプロパテーでxp互換で作動しました。機種はNEC LavieG S昨夜購入したばかりです。 参考までに

ueken さん

2014年10月31日 09:36

追記xGpプログラムのプロパティーで互換なしのほうが起動時のセキュリテーチェツクにかからず良好です。
初めての投稿ですので、ウエブサイトはありません。前回に
ie11と記入したは無知による、誤りです。

hyt さん

2015年1月18日 13:32

はじめまして、私はXGWoreks3からのユーザーですがネット検索してここにたどり付きました私はXGWoreks3からのユーザーですが、XP環境からの
YAMAHA フォルダ移動で簡単に動いてくれました
おかげさまで助かりました

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバック(1件)

2010年9月17日 08:41

[…] This post was mentioned on Twitter by BBUTTON, dBu. dBu said: 自分の自称音楽家生命が延びたということだ!世界は希望に満ち溢れた! : XGWorks 4 がWindows 7(x64)で動いた! http://www.tonoko.info/2010/09/09/ […]

トラックバックURL